にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

2011年05月08日

阪神★小林宏の乱調で連敗

昨日、阪神は小林宏の乱調で横浜に逆転負けを喫
した。


勝ちを逃がしてしまったメッセンジャーの残念そ
うな顔が印象的でした。


まず敗因はここぞという時に追加点の取れない打
線である。


2点差で勝ち越していたので打撃陣には罪はなさそ
うな気がするが、そんなことはない。


特に7回はもったいなかった。


俊介が塁に出たとき、なぜ代打桧山であったのか?


桧山はこの試合まで、8打席無安打である。


ランナーを進めることも出来ていない。


ここは着実にランナーを進めることのできる大和
選手を使うべきではなかったか・・


どのみち、ワンアウトを献上してしまうのは変わ
らないが、流れが全然違っていたであろう。


マートン・平野の連打で一点は取ったものの、も
しかするとビッグイニングになっていた可能性が
ある。


今年の阪神はビッグイニングを作れない。


打線が点になっている気がする。


同世代としてずっと応援してきた選手たちに失礼
かもしれないが、金本選手は控え、桧山に至って
は2軍降格を考えた方がいい気がする。


ここは思い切って若手を使って欲しい。


W野原や柴田あたりを上げてみるのも面白いかも
しれない。


話しは変わって投手陣。。


小林宏はコントロールが定まらず、3失点でまたも
リリーフ失敗。



高年俸なうえ、高濱という選手まで流失して獲得
した選手だけに再起を信じたい。


一方、収穫は榎田。


この選手はもともと先発候補なのだが、今年は先
発陣がそろっているため中継ぎをやっているが、
モノが違う。


KKKにこだわらず、他球団の左打者には榎田を
ぶつけた方がいいと思われる。


よって、私が思うには9回の球児は固定させておき
ながら、7回・8回は久保田・渡辺・小林宏・榎田
の調子のいい順に使うというのがいい気がする。
posted by ベイカフェ at 10:40| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

岩田投手が2年ぶりの勝利

すっかり御無沙汰していてすいません。


今日は阪神岩田が2年ぶりに勝利を挙げました。


岩田投手は糖尿病と闘いながら、プロ野球選手になった人物です。


尊敬に値する人物です。


ここまでの苦悩があったのか感動の涙を流していました。
甲子園ではないのでお立ち台は岩田選手1人。


甲子園だったら決勝ホームランを打った城島も一緒にお立ち台に上がったかもしれませんね。


巨人のガッツ選手、2000本安打おめでとうございます。


勝てなかったので、抑え気味のコメントでしたね。


この選手は言わずとしれたすごい選手なのですが、実は高校時代とかはホームランを一本も打ったことがなく、ぎりぎりレギュラーになれるかどうかのレベルだったそうです。


それでも「俺はプロに行く」と言い続けて夢を実現させたそうです。


夢や目標って口に出した方がいいということですよね。


何か感動的な試合でした。
posted by ベイカフェ at 23:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

球春、阪神・小林宏之は初日からブルペン入り





いよいよ12球団が本格的にキャンプ・インした。


ロッテからFA宣言し、加入した阪神の小林宏之投手は初日からブルペンに入り、25球を投げ、元気な姿をアピールした。


また新人の榎田投手もブルペンでキレのいい球を投げていたそうです。


昨年の二神と違い、大きな期待が出来そうだ。


なお、久保は結局、年俸の折り合いがつかず、自費キャンプとなった。



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、クリック(投票)お願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

2011年01月23日

阪神★キャンプ、秋山は2軍でスタート

==============================================
ベースボールマニアカフェ通信
     第104号
==============================================


阪神が22日にコーチ会議を開き、2月の春季キャンプの
1、2軍振り分けを決めた。


そこでサプライズが起こった。


昨年終盤に先発ローテーションに入って活躍した秋山拓巳
投手の名前が1軍のメンバーになかった。



故障かと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、
全然大丈夫です。


これは作戦だそうです。


秋山投手は2年目になりますが、野球ではよくいわれる
「2年目のジンクス」を避けるためだそうです。



1軍の沖縄キャンプに行けば、初日から激しい先発ローテ
をかけた争いがある。


ここで無理をしてペースを崩してしまえば、元も子もない。


2年目のシンクスは、真っ向から打破に挑むのではなく、
周囲の期待を捨て、慌てることなく、じっくり調整して
いけばクリアできるものと思われる。


また秋山の女房役になる城島が2軍キャンプからスタート
するので、秋山のとっても色々相談したりも出来るから、
かえって2軍スタートの方がいいのかもしれません。


他には、安藤・西村・狩野・桜井らが2軍スタートになった。




阪神1軍キャンプメンバー


(投手)
渡辺
榎田
能見
藤原
シュウ
筒井
岩田
藤川
福原
小嶋
久保田
久保
ジェン
下柳

メッセンジャー
スタンリッジ
川崎
加藤
小林宏


(捕手)
清水
藤井
岡崎


(内野手)
大和
鳥谷
関本
上本
平野
新井
新井良太

野原将
ブラゼル
森田


(外野手)
柴田
金本
俊介
浅井
マートン
桧山
林威助




ブログランキングに参加しています。
よろしければ、クリック(投票)お願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

子供を甲子園に行かせる方法

息子を甲子園に行かせてやりたい、息子をプロ野球選手にしてあげたい、できる限り良い環境を整えて甲子園を目指させてあげたい、どうすれば甲子園に出場できるのかを知りたい、どうすればプロ野球選手に近づけるのかを知りたい。


いかがでしょうか?


「甲子園に出場すること」という目標、 あるいは夢はそう簡単なことではありません。


それもそのはずです。


甲子園を目指す高校の数は、約4000校。


その中から、甲子園に出れる高校は夏は49校、 春はたったの32校しかありません。


夏の場合で数えても、 一夏でベンチに入れる高校生の数は、846人だけ。


確率にすると、ほとんど1%くらいのものです。


※(1校平均部員20名として、8万人の中から約800人がベンチ入り) それでは、ただこの1%の確率に賭けて高校に進学し、 甲子園を目指したところで果たしてその夢は叶うものでしょうか? たしかに、可能性がある以上は不可能とは言いませんが、 その確率が限りなく低いままでは、その夢を叶えることは困難です。


さて、それではその甲子園出場という夢を叶えるために、 その確率を限りなく上げる方法とは、一体何でしょうか?

■血も滲むような猛練習? うーん、、、それもありますが、違います。どこの学校も練習はしていますよね。


■甲子園出場回数が多い高校を選ぶ? うーん、それも方法の一つですが、残念ながら核心ではありませんね。 強豪高校を選ぶだけでは中々確率を高めることはできません。


■中学3年時に甲子園に出場した高校を選ぶ? うーん、それも少し違いますね。 中学3年の時に出場した高校が3年後に出場できるというのは全くもって理由にはなりにくいところです。


それではどうしたら良いのか?具体的な方法をお教えします。


posted by ベイカフェ at 20:58| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。